Portfolio ドメインの設定 その2

前回はサイトのサブドメインを設定するところまで書きました。

それでいいや、と思っていたのですが、名刺を新しいデザインにするにあたり、

せっかくドメインを取っているのだから変えようと思い立ちました。

先ずはPortfolioの「設定」から「ドメイン名」を開く。

画面真ん中あたりの「カスタムドメイン名」の「ドメインを接続」。

ドメイン設定_01

するとIPアドレスが4つ出てきます。しかし、よく見ると2つは同じ数字。@とwwwがあるか無いかですね。それをメモって、今度は自分のドメインを管理しているサーバーにログインします。

 

僕は「さくらのインターネット」でドメインを取ったので、そこにログインしてドメインのメニューを開きます。

ただ、DNSの設定はさっぱり分からないので、大人しくサポートに聞いてみました。

すると、以下の様な解答を頂きました。

Webは他社サーバを参照させる場合はさくらのサーバのIPアドレス、Aレコードは削除して、

代わりにPortfolioのIPアドレスを入れる。ということらしい。

ドメイン_02

表上のエントリ名の@、タイプAにある既存のアドレスを消去して、代わりにPortfolioのIPアドレスを2つ入れます。@とwwwはエントリ名wwwで指定しているのでIPアドレスの数字だけで良いようです。

例えばPortfolioのIPアドレスが

ドメイン_04

だった場合は

ドメイン_05となりますね。

さらに余談ですが、メールもドメイン設定していましたので、メールのDNS設定(MXレコード)も初期ドメインに設定し直す必要があるそうです。お忘れなく。

さて、ここまで来たら後は待つのみ。Portofolioのヘルプの「カスタムドメインを手動で構成する」の中にもありますが、DNS Checker で自分のドメインを入れてチェックして、グリーンになれば大丈夫でしょう。再びPortfolioの設定のドメイン名で適用をすれば完了です。

ここで一つ注意点。Portfolioのヘルプに

  • DNS設定が変更されてマッピングが完了すると、通常、DNS設定が更新/反映されるまでに約24/48時間かかります。ここでステータスを確認できます
  • Adobe Portfolio設定内でカスタムドメイン名を5回以上削除して再入力しないでください。これにより、SSL証明書の生成が遅延します。また、カスタムドメインが再入力されるまで1週間待つ必要があります。 

とあります。DNSはわりと直ぐに適用された感がありましたが、その下。5回以上再入力しない様にとの事でしたが、調子こいて何度も設定していたら本当に動かなくなりました。

いつ再開できるかもわからずひたすら耐えなければならないので、入力の際はどうか慎重に。

 

 

 

 

広告

ドメインの 設定

Portfolioを使い、作ったWEBを公開するにあたり、ドメインの設定をします。

まず、アドレス(ドメイン)は何でも良いよ、という人はPortfolioの設定→ドメイン名でサイトのサブドメインで自分好みの文字を入れればそれでいいと思います。最初は僕もそうしていました。

ドメイン_01

僕の場合は屋号にしている「studio-see2」を入れてみたら通ったので、この時のアドレスが

https://studio-see2.myportfolio.com

ということになります。

これで多少は屋号に関連付いたWEBができたなぁ、なんて思っていました。

 

WEBの新設

コロナウィルスの影響で仕事のスケジュールが大幅に変わった。

「STAY HOME」との自粛要請で、子供たちの学校は休校。会社勤めの人の多くも自宅でのテレワークになった。そんな中、ロケでの撮影などはあるはずもなく、自宅待機となった。

さて、時間があるから今までやらなかったWEBを作ってみることに。最初はWixという別のプラウザ上でWEBが作れるソフトを使おうと思っていたけど、何が、という訳ではないが無料というのも何となく気が引けていた。

Adobe のCreative Cloudを見ているとPhotoshopCCを使用の一環として「Portfolio」というソフトでWEBが作れることが判明。(どうでも良いけどAdobeのソフト、増え過ぎ。)早速、いじってみた。

結論から言うと、できたのがこれ。

http://www.st-see2.com

テーマと呼ばれるサンプルがあり、その中から好きなデザインを選び、写真やイラスト、文章を入れて、ハイ完成。的なもの。手軽で良い。

操作パネルに書かれている場所がサイトのどこに相当するのかが今一つ分かりにくいが、適当に動かすとすぐ反応するので分かると言えば分かる(か?)。でも何度も同じところをいじくり返してしまう。ムカッ。

でもとりあえずできた。んで、それを公開するにあたり問題が出てきた。ドメインだ。

今回はここまで。

中二の夏

僕も、そしてかみさんも学生時代は吹奏楽をやっていたたからか、

娘が吹奏楽をやっている。

去年は仕事で来られなかったコンクール会場に来た。

約二十数年前にこの会場のステージに立ったのは間違いないのだが、

会場の周りの景色などはほとんど記憶にない。

mdd0893.jpg

先週に予選があり、娘の学校は何とか本選出場権を獲得した。

僕は金賞は取れたが、本選には行ったことが無い。俗にいう「ダメ金」というやつだ。

その雪辱を晴らすべく、両親共に行けなかった本選に娘が行ってくれた。

正直、4月に新入生歓迎演奏の時は本当にぱっとせず、中学に入って初めて触った弦バスやベースの持ち方さえぎこちなかったから、予選で終わると思っていた。
しかし、やってくれた。

本人たちは当然大喜び、親たちも「おー!」と子供達の活躍に驚き、称賛した。さらに、お母さん達は毎日の弁当作りが一週間伸びた事で膝から崩れ落ちそうになるのを何とか堪えていた。

そして今日が本選。さすがに何処の学校も上手い。

本人たちも東関東大会に出場は恐らく無理だろう、その代わり楽しんで来よう、との目標通り、予選の時よりの方の力が抜けていたように見えた。結果、その通りになった。

しかし、4月にぎこちなかった動きが、この数か月という短時間でしっかりと演奏しているように見えて本当に驚いた。親父にそのように話をしたら「子供はすごいね」と二の句の継げない答えを返してくれた。

子供と過ごしていると自分に子供時代をもう一度体験させてくれているように思う時が多々ある。ましてやそれが自分では叶わなかったことを成し遂げてくれると感慨もひとしおだ。よく頑張ったと思う。

こうして娘の中二の夏は終わった。夏休みの宿題を残して。ふふ。

今年の年賀状

2017%e5%b9%b4%e3%80%80%e4%bb%95%e4%ba%8b%e7%94%a8%e5%b9%b4%e8%b3%80%e7%8a%b6

今年は酉年。

鶏の画像が無く、しかも全く案が出ない。

写真は撮れば良いけど、できればデザインが決まってからそれを狙いに行きたいが、無いものは、ない。

結局手持ちの画像からひねり出した。 割と気に入ったものが出来ました。

桜 散り始め

もうそろそろ桜も終わりですね。
でも、どうして桜はこうも撮らなきゃいけないような衝動に駆られるんだろう?
梅の花の方が好きなんだけど。・・不思議。

んで、息子に聞いてみた。
梅の花が好きなのに、桜を撮らなきゃいけない気がする、どうしてだろう?
すると、「桜って。桜餅の葉っぱでしょ?食べられるからじゃない?」
という答えになっているのかが不明な答えが。

梅も梅干や、梅漬、梅酒とかでたくさん食べているよ、と言うと、
「あ、そうか。んじゃ、両方撮ればいいじゃん。」だって。ごもっとも。

ん?何を聞いたんだっけ?こんな毎日。

ユーザーの写真

桜の園

毎年どう撮るかを悩ませられる桜。
今年も相変わらず悩みながら撮っている。

明日から雨が降るとの予報もあり、晴れた今日、撮りに出掛けた。
人の出が凄かった、とは言え所詮は地元の神社。
皆、思い思いの過ごし方をしていた。
そんな中、今日撮れた中のお気に入りの一枚。
それでも「桜」を表すのって、難しいよなぁ。

「毎年どう撮るかを悩ませられる桜。
今年も相変わらず悩みながら撮っている。

明日から雨が降るとの予報もあり、晴れた今日、撮りに出掛けた。
人の出が凄かった、とは言え所詮は地元の神社。
皆、思い思いの過ごし方をしていた。
そんな中、今日撮れた中のお気に入りの一枚。
それでも「桜」を表すのって、難しいよなぁ。」

光の違い

午前中は調べ物があったので地元、松戸の図書館まで歩く。
一駅だけど、歩いて大体40分。のんびり寄り道しながらで1時間。
良い運動不足解消法。

_DSC4104

夕方、打合せで上野へ。

上野公園の桜はまだまだだったけど、ほんの一部で咲いていた。

花見用の提灯や、席取りのためのブースの準備などが始まっていた。

ちょうど夕暮れに差し掛かり、光線が傾いて良い感じになってきたので、

奥の東照宮に行ってみた。恐らく初めてのお参りではないかと思う。

_DSC4138

手水舎で手水をしていたら海外からの観光者にじろじろと見られて緊張した。

_DSC4132

手水舎横の灯篭。歴史を感じさせる色と手触り。この金属の感じが良い。

_DSC4141

こちらは石灯篭。後ろの桜が見える。

_DSC4135

唐門。日暮れ前の妖しい光が照らし出す。

光の違いが印象を大きく変える。これを日中に撮っても普通だったろうなぁ。